求人広告は決め打ちで/風俗店で稼ぎたいならネットを使おう!求人広告は決め打ちで

求人広告は決め打ちで

「求人広告は決め打ちで」のイメージピクチャです。

綺麗なサイトを作り上げることができても、実際にそこで働く人がいなければ仕事を始めることは出来ません。
そのため、求人広告を求人サイトなどに掲載していく事になるのですが、その際多くの人が「たくさんのサイトに掲載すればそれだけで多くの人が募集してきてくれる!」と思い、やたらめったら広告を掲載していきます。
ですが、そのような掲載方法は逆効果になる事があるのです。

仕事を探している人はいくつかの求人サイトを見比べながら自分がやりたい仕事などを探していきますが、その際に同じ店舗が何度も広告を出していると、その日始めてみた求人であっても「この店舗いつも求人出してる」という風に思うようになります。
そうすると多くの人が「求人を何度も出すということは人が常に不足しているということ、ということは何かしらの事情で人がすぐに辞める」という風に考えるようになり、求人広告を出している会社や店舗に対しての不信感を募らせていくのです。
一度そうなってしまうと、いくら素晴らしい求人だったとしても応募の優先順位は下がっていき、別の場所がダメだった時の予備候補という扱いになり、人の集まりが悪くなってしまうのです。

なので、もし求人広告を掲載するのなら「人が多く集まる求人サイト2つか3つに決め打ちで掲載する」ということを意識してみましょう。
そうすることによって、そこまで何度も同じ求人を見せることがなくなりますが、しっかりと見た人に求人の印象をあたえることができるようになるので、求人に対しての希少感を高めつつ、多くの応募者を作っていくことが出来るのです。